再生可能エネルギー電子申請のトラブル

自宅で太陽光発電設備4.5kwを設置し平成26年10月から稼働している。6月になって業者が電話をかけてきて、法律が改正になったから新たに「みなし認定移行手続き」が必要と説明があった。説明では電子申請と紙申請があり、紙申請の方が簡単なので「印鑑証明」を取ってくれという。印鑑証明をとるには費用が必要だし、電子申請で済ませることができるのであれば、電子申請を私が行う、と返事した。ログインIDとパスワードを教えてもらいネットにアクセスするとログインできない。6月上旬のことである。https://www.fit-portal.go.jp/にアクセするとシステム障害が発生し、6月下旬に2回障害復旧作業を行うと書いてあった。そして6月30日になって業者から教わったログインIDとパスワードを使ってネットに入って操作すると、業者の資料では順調にページが進むことになっていたが、途中で「システム障害、設備設置者ログインIDでは申請できません」という内容が表示された。また別のWEBページで「登録者IDでなければ申請できません」と表示されたので、業者に登録者IDを知らせてくれるように電話した。業者は他人の情報が漏れるので登録者IDを知らせることは出来ないと回答した。そして0570057333に電話してお願いすれば、設備設置者ログインIDで登録できる方法を教えてくれるという。そこで電話して相談してみた。建前は電子申請は登録者IDの所有者しか認めないという回答だった。しかし業者に相談するように言われたとお願いしたら、オペレータが見ている画面と私が見ている画面が同じであることを確認することが難しかった。オペレータは画面の構成で説明しようとするが判然としないので、URLを教えてくれとお願いした。しかしオペレータはURLの意味が分からないようだ。結局このオペレータでは電子申請ができず、最後に確認した。「業者は登録者IDを持っているので簡単に電子申請ができるのに、何故設置者に紙申請を促すのでしょうね」 回答は「業者によってはそのような例があるようです」 その後ネットで調べると紙申請は代行業者に電子申請を依頼する手順であることが分かった。設備設置者に電子申請をさせずに、紙申請に誘導する仕掛けになっている。しかも印鑑証明代を負担させ、代行業者の仕事を増やす仕組みだ。紙申請は一件ネットになれていない人に親切と思われる申請方法であるが、実は設備設置者に負担を強いて、代行業者が儲かる、ということが今回のトラブルで分かった。

白内障の手術

6月20日に白内障の手術を受けた。今日は22日で2日後であるが、手術を受けた甲斐があったと実感している。飲み薬は2種類を一日三回の食事の後にとり、目薬は3種類を一日6回点眼するように指示されている。手術前に2回通院して各種の検査を受け、手術後も昨日と一週間後の2回に通院する。手術を受けることが決まると冊子を渡され、詳細に手術の内容について説明があり、安心して受けることができた。手術前の最大のエポックは、女性医師から「片目の手術を希望されていますが、両眼の手術にしませんか?」と言われたときだった。理由は強度の近眼なので、片目だけの手術だと左右のバランスが極端に悪くなり、結局直ぐに残りの目も手術することになる、ということだった。最初に片目の手術を希望したのは「目」の治療で失明したら怖いので、片方だけで様子を見たかったのだ。お医者さんの説明は十分に理解できたので、両眼を一度に手術しますとその場で返事した。お医者さんに任せるしかない、という「まな板の上の鯉」の心境だ。最近の白内障手術はほとんど成功するようだ、と噂を聞いていた。それでも自身のことになると心配だ。手術台の上では目の一部に麻酔をしているものの、苦しい圧迫感を感じた。何とか我慢しなければと体に力が入った。医師はリラックスしてくださいと話しかけてきた。今日は手術後2日で間もないため目は不安定な期間であり、1週間後に再度検査に通院する。そこで運転可能かどうか確認することになっている。また1月間はゴーグルをつけて治療した目を保護しなければならない。白内障の治療を受けた20世紀人類としての感想は、21世紀の医療技術の進歩に大いに感謝である。

若年認知症の原因

なぜ若年認知症を患うのか?先日のNHK「ためしてガッテン」で、「睡眠不足がその一因と考えられる」と紹介していた。友人が若年認知症になってしまった原因を「これかも知れない」と考えるようになった。50年ほど前東大の工学部で友人の友人として紹介されたこの友達はとびきり優秀な学生が多く集まる私立高校の出身であった。現役で東大に合格し、学生時代からヘビースモーカであった。ピアノも上手で大手自動車メーカに就職した。将来は社長とも思われたであろう。しかし奥様のお話では50歳頃から様子がおかしくなり、若年認知症と診断された。以下は推測である。学生時代もサラリーマン時代も優秀と言われた人材は寝ずに働くことをいとわない時代だった。恐らく彼は眠気を喫煙で防いで仕事に没頭したのであろう。その睡眠不足が数十年にわたり継続し、結果若年痴呆症に結びついたのであろう。あれだけ優秀な学生が50歳代で痴呆症になるとは予想できなかった。睡眠は体力知力を回復させる重要な人体のプロセスである。仕事では若干の努力や無理はつきものである。しかし、過度の睡眠不足にはくれぐれも注意されたい。

amazonのウソ表示

amazon1amazonで最近は良く買い物をする。先日タブレットパソコンが安かったので2台12万円ほどで購入の手配をした。クレジットカード支払いである。するとすぐさま商品を発送したと通知が来た。ネットでamazonのサイトにアクセスしてみると5月6日に配達予定である。宅配業者はUSPSとある。どうも米国郵便局が宅配を請け負ったらしい。ずいぶん時間がかかると思ったがお値段が安かったので我慢することとした。そして5月6日配達予定日になった。ネットでamazonのサイトにアクセスして配送状況をチェックすると上記の画像が表示される。ところが5月6日の20時を過ぎても宅配業者は現れなかった。何のための配達状況チェック画面なのだろう。amazonは明らかにウソの表示をしている。トランプ大統領が指摘した偽情報をamazonも作っているのだろうか。ネット情報を信じてはならない。例えamazonでも。

検査入院(6)

退院してから約3週間が過ぎ、検査入院の結果をお医者さんに伺いに行った。家内と長男も細胞の検査結果を聞く場に立ち会った。結果は前立腺についてはがん細胞の疑いは陰性、尿管については擬陽性という説明があった。お医者さんは今後の選択肢として、現状のままで生活を継続して定期的に検査をすることと、左の腎臓から尿管までを摘出すること、の二つを示し、どちらを希望するか尋ねてきた。即座に現状のままを希望します、と回答した。擬陽性とはがん細胞が疑われる検査結果が出たということだが、自分の体が健康維持に頑張っていることを信じたい。さて次は白内障の手術が待ち受けている。

ブログサイトの引っ越し

ブログ「博士の会」は10年ほど前にDellコンピュータを購入し、Windows2000にWordPressを載せて開始しました。最近コンピュータの反応がおかしくなり、引っ越しを考えることとなりました。選んだのはRaspberryPiです。名刺大の裸のコンピュータに5V電源、キーボード・マウスをUSB接続し、ディスプレイはHDMIケーブルでつなぎました。OSはLinuxのDebianでApacheをインストールしWordPressを入れました。果たして正常に動くのかと若干不安です。現在まで管理者としてのログインを繰り返し要求するバグと思われる状況が発生しています。しばらく仮運用して様子を見たいと思います。このサイトにアクセスした方々が反応が遅いとお考えでしたら、今回の引っ越し実験がそれが原因です。ご容赦願います。

検査入院(5)

火曜日に入院し、水曜午後に手術し、木曜日は尿道にパイプをつなげたままで一日過ごし、本日金曜朝やっと看護師さんがパイプを外してくれた。看護師さんは水分を沢山飲み、例えば一日1リットル以上飲んで、尿路をオシッコで洗い流してくださいという。毎時トイレに行き尿量を報告するように求められた。それではと最初にトイレに入ったときはオシッコを出す努力をするだけで痛みを感じ、実際には出なかったようだ。3回目には痛みを感じながらも50ml程度出すことができた。それから状況が急展開し明日土曜日午前中に退院となった。真夜中に何回も尿を看護師さんが採取していたがその結果が良かったのかも知れないし、入院希望者が多いせいかも知れない。今回の検査入院では左側の腎臓から膀胱につながっている尿路が狭くなっているところが見つかった。その部分の細胞を採取し、前立腺の細胞も採取して、専門の先生が判定するのだそうだ。入院は若干勇気が必要だったが、自身の体の弱点が一つ見つかった。診断の結果を待つことにしよう。さて次の段階はどのような治療になるのだろうか。手術をしたお医者さんに聞いた。趣味のジョギングは何時再会していいですか?若いお医者さんだったがかなり考えて1週間から2週間は散歩程度が好ましいというご返事だった。こんな無茶な質問をする73歳高齢患者は多分居ないのだろう。

検査入院(4)

検査手術の前日は朝から絶食であった。500ml2本の経口水ボトルを渡され飲んだ。当日は午後13時からの手術に備えて9時以降は水も飲んではいけないと言われた。結局お腹の中はほとんど空っぽだ。手術後の夕食もなしで、点滴で栄養補給となった。手術の翌日は若干のトラブルが発生した。尿道にパイプを入れているので自然に尿は袋に溜まるはずだが、慣れていないせいか尿意をもよおす。そこで意識して排尿を試みるとオシッコが漏れてパンツや下着、それに床に流れ出る。この失敗を数回繰り返して、意識して排尿するときは通常どおりトイレに行くべき、ということを理解した。尿はパイプを伝って自然に流れていくので、排尿の意識を停止しなければならない。排尿を意識して圧力をかけると、子供の時に母親に叱られたベッド濡れ状態となる。念のためベッドに横になってパイプを眺めていると無意識状態でも尿が流れている。少し安心した。しかしパイプと尿道の接続部あたりからは相変わらす少しずつ漏れる。一晩でかなり濡れるので尿パッドの取り替えが必要だ。検査入院は数年後には避けて通れない介護施設入所の事前体験となった。排尿パイプは手術翌日もそのまま世話になり、外したのは翌々日朝であった。食事は手術翌日の朝食から食べた。量が少ないのでお腹が空いて仕方ない。

検査入院(3)

3月21日に入院し22日午後手術となった。13時に2階の手術室に徒歩で行き、手術室の重そうな扉の前で家族とバイバイし、いくつもある手術室の2号室に入り、幅の狭い手術台に仰向けに寝た。寝間着とパンツは脱がされ体の上に手術用と思われるカバーが乗せられた。麻酔をかけますと言われハイと返事すると口と鼻にあてがわれたコップのようなものから妙な臭いがした。そのまま何も感じなくなり、少しぼんやりした状態で家族が話しかけてきているのが聞こえた。ベッドに乗ったままエレベータで病室に戻った。点滴ケーブルが右腕につながり、尿管から2本のパイプが袋につながっている。病室に戻ったときに左脇腹に強い痛みを感じた。入院案内に痛みは我慢する必要はありませんと書いてあったので、看護師さんにお願いして痛み止めを点滴してもらった。直ぐに痛みは消えた。点滴は食事がとれないので栄養の代わりで、尿道にパイプがつながっていて就寝中に体を動かすことが困難なのでエコノミー症候群と同じ血栓予防のための下肢をエアーパイプでマッサージする装置が装着された。不思議なことに足を常時もまれている状態でも寝ることはできた。問題は就寝中の尿漏れだ。T字帯は尿と血液で濡れ、シーツも一部濡れてしまった。ナースコールボタンを押して対応してもらったが一晩に数回ナースコールしてしまった。

検査入院(2)

月曜日が春分の日で祝日だったため火曜日の入院となった。朝車を動かそうとしたらハイブリッド車のバッテリーが上がっていて無線キーも効かず慌てた。幸い予備の12Vバッテリーで動作させたので事なきを得た。病院の入院受付は混んでいた。4B病棟のベッドに入ることになった。5人部屋でカーテンで仕切られた病室であるが快適だ。昼食と夕食を食べたが、翌日午後の手術が決まり、手術日は朝から食事をとれない。代わりに朝は125ml何とかウオータという水分を飲み、それ以外は病院が準備したペットボトルに入った経口飲料を飲むように言われた。トイレでは毎回尿量を軽量コップで計り、数値を看護師さんに指示された表に記入する。明日の手術に備えてシャワーを浴び頭を洗い、その後はヘアートニックなどは使わないように指示があった。病室に待機していると麻酔科に呼ばれて問診を受けた。アレルギー反応、日常服用している薬の種類、口の中の歯の状況を聞かれた。口の中に入れ歯が入っているか、グラグラした歯があるか、については全身麻酔の時に呼吸のための管を口に入れるときの準備のようだ。検査入院の手術時間について聞いた。だいたい2時間から3時間のようだ。手術室入り口で家族とバイバイして、家族は待合室で待機することが前提になっているようだ。家族が一時的に席を外すときは、小さな窓口でその旨を看護師に伝えてくださいと言われた。1週間の入院予定と聞いているが、退院できる予定日は誰も答えてくれない。なるようにしかならない。Que Sera Sera!