再生可能エネルギー電子申請のトラブル

自宅で太陽光発電設備4.5kwを設置し平成26年10月から稼働している。6月になって業者が電話をかけてきて、法律が改正になったから新たに「みなし認定移行手続き」が必要と説明があった。説明では電子申請と紙申請があり、紙申請の方が簡単なので「印鑑証明」を取ってくれという。印鑑証明をとるには費用が必要だし、電子申請で済ませることができるのであれば、電子申請を私が行う、と返事した。ログインIDとパスワードを教えてもらいネットにアクセスするとログインできない。6月上旬のことである。https://www.fit-portal.go.jp/にアクセするとシステム障害が発生し、6月下旬に2回障害復旧作業を行うと書いてあった。そして6月30日になって業者から教わったログインIDとパスワードを使ってネットに入って操作すると、業者の資料では順調にページが進むことになっていたが、途中で「システム障害、設備設置者ログインIDでは申請できません」という内容が表示された。また別のWEBページで「登録者IDでなければ申請できません」と表示されたので、業者に登録者IDを知らせてくれるように電話した。業者は他人の情報が漏れるので登録者IDを知らせることは出来ないと回答した。そして0570057333に電話してお願いすれば、設備設置者ログインIDで登録できる方法を教えてくれるという。そこで電話して相談してみた。建前は電子申請は登録者IDの所有者しか認めないという回答だった。しかし業者に相談するように言われたとお願いしたら、オペレータが見ている画面と私が見ている画面が同じであることを確認することが難しかった。オペレータは画面の構成で説明しようとするが判然としないので、URLを教えてくれとお願いした。しかしオペレータはURLの意味が分からないようだ。結局このオペレータでは電子申請ができず、最後に確認した。「業者は登録者IDを持っているので簡単に電子申請ができるのに、何故設置者に紙申請を促すのでしょうね」 回答は「業者によってはそのような例があるようです」 その後ネットで調べると紙申請は代行業者に電子申請を依頼する手順であることが分かった。設備設置者に電子申請をさせずに、紙申請に誘導する仕掛けになっている。しかも印鑑証明代を負担させ、代行業者の仕事を増やす仕組みだ。紙申請は一件ネットになれていない人に親切と思われる申請方法であるが、実は設備設置者に負担を強いて、代行業者が儲かる、ということが今回のトラブルで分かった。

amazonのウソ表示

amazon1amazonで最近は良く買い物をする。先日タブレットパソコンが安かったので2台12万円ほどで購入の手配をした。クレジットカード支払いである。するとすぐさま商品を発送したと通知が来た。ネットでamazonのサイトにアクセスしてみると5月6日に配達予定である。宅配業者はUSPSとある。どうも米国郵便局が宅配を請け負ったらしい。ずいぶん時間がかかると思ったがお値段が安かったので我慢することとした。そして5月6日配達予定日になった。ネットでamazonのサイトにアクセスして配送状況をチェックすると上記の画像が表示される。ところが5月6日の20時を過ぎても宅配業者は現れなかった。何のための配達状況チェック画面なのだろう。amazonは明らかにウソの表示をしている。トランプ大統領が指摘した偽情報をamazonも作っているのだろうか。ネット情報を信じてはならない。例えamazonでも。

ブログサイトの引っ越し

ブログ「博士の会」は10年ほど前にDellコンピュータを購入し、Windows2000にWordPressを載せて開始しました。最近コンピュータの反応がおかしくなり、引っ越しを考えることとなりました。選んだのはRaspberryPiです。名刺大の裸のコンピュータに5V電源、キーボード・マウスをUSB接続し、ディスプレイはHDMIケーブルでつなぎました。OSはLinuxのDebianでApacheをインストールしWordPressを入れました。果たして正常に動くのかと若干不安です。現在まで管理者としてのログインを繰り返し要求するバグと思われる状況が発生しています。しばらく仮運用して様子を見たいと思います。このサイトにアクセスした方々が反応が遅いとお考えでしたら、今回の引っ越し実験がそれが原因です。ご容赦願います。

マイクロソフト人工知能Tayのヘイトスピーチ

人工知能も色々あるが最近はディープラニング技術が注目されているようだ。画像認識と音声認識に強力なツールとなることが実証されているという。マイクロソフトの人工知能Tayもディープラーニング技術を使っているのであろう。Tayに悪い会話を覚えさせるアタックがあったようで、Tayがヘイトスピーチをするようになって、マイクロソフトはTayを停止をしたとネットで情報が流れた。マイクロソフトは沢山のフィルターをTayに組み込んだようだが、対策不足が露見したとしている。最新のディープラーニング技術ではコンピュータが自律的学習すると説明されている。学習能力をコンピュータが獲得したことは素晴らしいことだが、学習について考えさせられた。Tayの事例から単純な悪事を働くように教育することは簡単なようだ。一方教養のある高いレベルの学習をさせるのは恐らく容易ではなかろう。つまり、悪事には利用し易いが、平和に寄与するような人工知能の開発には手間取るのでは、と懸念される。翻ってヨーロッパを激震させているテロは単純な教育で人間が扇動されて起こしている。同じ手法で人工知能を利用するネット戦争が頻発することが今後予想される。善良人工知能を育てる研究に拍車をかけて欲しい。・・・