白内障と緑内障

若いときから強い近眼だったが最近視力が低下し始めたのを実感する。70歳を超えるとブルー免許となり1年半後に免許更新が控えているので次回の視力検査への備えが必要と考えた。両眼とも徐々に白内障の気配が強くなっているようだが、左右を比較したとき左目が全体に白く濁る状況が顕著になってきた。友人に聞くと既に白内障の手術をうけたという。目の手術なので多少恐怖感があるが友人は問題なかったようだ。ネットで近所の眼科医を調べるとWEBページに白内障手術を明示しているところと、そうでない眼科医に大別できる。ある医者の手術を受けようと病院に問い合わせたら近所の眼科医の紹介状をもらってこいと言われた。少し大きな眼科医は白内障手術をうたっているので、小さな眼科医で適当なところはないかと調べた。初めて訪問した眼科医で紹介状が欲しいと説明すると、あれこれといろいろな視力検査が待っていた。眼科医と面談する診察室には昔は無かったような検査機器がおいてあり、それを使った白内障検査も行った。医者は引き続きディスプレイを見せて、水晶体後部に濁りがある様子を見せてくれた。紹介状がもらえるかと思ったら、次回緑内障の検査に来てくださいと言われた。白内障に比較して緑内障の方がより重要なので、まず緑内障をしっかり対策してから白内障の手術に臨むのだそうだ。緑内障検査の機器は順番待ちで数週間後に再度検査となった。緑内障の検査はぼんやりした光の点滅をボタンを押して知覚したことを知らせる。見えたか見えなかったかはっきりしないときでもボタンを押した方が結果は良いようだ。検査中は時間が長く感じられだんだん草臥れてくる。その時緊張感を失うと緑内障と判断されてしまうから注意が肝要だ。二月をかけてやっと紹介状を手に入れた。目指す病院に訪問できるのは更に二月後だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>