白内障の手術(2)

6月20日に手術を受け、2月以上が経過した。手術を受けたのは白内障専門病院であったが、手術後2回ほどチェックを受け、その後地元の眼科に通うことになった。専門病院から地元眼科に手術についての通知が郵送され、その資料を見てしばらく検査と点眼を継続することになった。2ヶ月間は3種類の点眼薬を日に4回点眼する。2ないし3週間毎に通い、視力の検査を受ける。8月末にやっと点眼薬が1種類になり、日に3回の点眼となった。手術前は手元で作業するメガネと自動車を運転するときのメガネ、さらに外出するときのメガネと3種類を使っていた。今回の手術で近眼となるレンズを入れた。それにより手元を見るメガネは必要なくなった。実際には以前は手元の20センチによく見えるポイントがあったが、手術後は40センチほどとなった。このため時々目を近づけて細かい作業をするとき、無意識にメガネを外す仕草をする。そのとき外せないメガネが目に入っていることを思い出す。手術後の見え方が安定するのは手術後1月と言われていたが、2月後の現在ある程度安定したかも知れないと思っている。ただ高齢者なので体調によって見え方が変化するかも知れないと考えている。先日眼科で作成してもらったメガネの処方箋をもって眼鏡屋に行った。現在メガネのできあがりを待っている。家庭内の日常生活ではメガネをかける必要がなくなった。テレビをはっきり見たければ近眼用のメガネをかけるが、裸眼でも視力が0.1程度あるので居間のテレビ画像をある程度認識できる。生活上の問題は近視眼鏡を家の中で探す頻度が増えたことだ。仕方なしにメガネを首からぶら下げるチェインを入手して、メガネを探す頻度を減らすこととした。今後も慎重に目のコンディションを見ていくつもりである。