めまいと吐き気

70歳代になって毎年のようにややこしい病気を患っている。2018年は「何かな、何時来るのかな?」と思っていたら早速到来した。2時間ほど車を運転して自宅に駐車し降りたとたんに目眩である。何時もの軽い目眩であれば少しそのままの状態で我慢していれば回復するが今回は治まらない。フラフラしながら転倒しないように壁伝いに玄関を開け、リビングのソファーに座った。目をあけると目眩を感じる。お白湯を少し飲んだら吐き気を急に感じて床にうつ伏せに転がり込んで洗面器を持ってきてもらった。そのまま少し寝てしまったが、目を開けて起き上がる姿勢を取ろうとすると相変わらず強い目眩と吐き気を感じる。2時間が経過し、脳梗塞だったら薬治療の時間制限があることを思い出し、救急車を呼んでもらった。まもなく到着して救急車に乗せられ色々質問され、目を閉じたまま返事をした。左を下にして横向きの姿勢であれば安定しているが、少し上向きに体位を変えようとすると強烈な吐き気を感じる。救急車の隊員が「2時間待たなくても30分から1時間で救急車を呼んでもらっていいんですよ」と優しく家内に話していた。「親切だね」と家内は感激していた。救急病院に到着し、CT、X線、MRIの検査を受けそのまま入院となった。どの検査も異常が見つからないので翌日耳鼻咽喉科の診断を受けることになった。全て段取りよく検査と判定作業が進み、看護師さんも親切で、日本に住んでいて助かったと思った。診断結果は「良性発作性頭位めまい症」で、医者に運動療法説明コピーを渡され自宅でしばらく様子を見ることになった。医者は1月間は運転しないこととアドバイスをくれた。また「最近インフルエンザにかかりましたか?」と最後に聞かれた。自分の周囲にインフルエンザにかかった人が複数人いる。インフルエンザが今回のトラブルの引き金になったのかも知れない。近い将来襲われると予想する脳疾患の予行演習として大変有意義であった。また同じように親切な救急隊と救急病院に助けてもらえたら有り難いのだが。