公園の散歩

妻が外科手術を受けてから5週間、退院し自宅でリハビリ生活をはじめてから2週間半が経過した。入院前は脊髄の神経が腫瘍で圧迫されて歩行困難だったが、日々少しずつ回復している様子が分かる。入院前には足の筋肉を鍛える目的で近くの公園を散歩していた。退院後もリハビリ目的で同じ公園を1時間ほど毎日散歩している。入院前の公園散歩は病院での手術後のリハビリ回復が順調であったことから効果があったと感じている。お陰でリハビリ病院への転院をせずに自宅でのリハビリとなった。自宅療養での介護世話係は私である。幸いトイレ、シャワー、階段の上り下りは家内が一人でできたので大変助かった。胸骨付近の脊髄を外科治療したのでコルセットを常時着用しており、この状態は手術後3月経過する6月に予定しているMRI診断まで続く。自宅リハビリ生活で妻は毎日近くの公園散歩を楽しんでいる。転倒の心配があるので原則付き添っている。天候は暑さ寒さの変動が激しいが幸い天候に恵まれている。雨が予報された日でも雨雲の動きをネットで調べ雲が空を覆っているが雨が降らない時間帯に散歩している。入院治療中には桜をはじめ公園で様々な花が綺麗に順に咲いていた。今は緑が濃くなり芝生の刈り込みも行われた。公園の後ろ側にビオトープがある。入院まえにはそこに白鷺が来ていた。その近くには妻が歩行練習で歩き回る小さな丘がある。最近の散歩ではカモのツガイが我が物顔で丘周辺を歩いたりお休み鎮座している。数メートルまで近づきスマホカメラを向けると警戒してゆっくりと離れていこうとするが慌てる様子はない。平和な風景である。