75歳の誕生日

6月10日は「時の記念日」そして私の誕生日だ。新聞を見ても「時の記念日」についての催し物などの記事は見当たらなかった。年齢を重ねると時間の流れに人生が大きく左右されていることが良く分かる。家内の古くからのフランス人友人夫妻が数年ぶりに訪日し、夕食会に招いてくれた。葛西臨海公園内のホテルで久しぶりに話した。ご主人は78歳で大企業で働いたあと退職し、ニースとパリに自宅を持ち、孫は10人程で、今は庭の手入れと週に1回のフランス語授業をしているという。生徒は5名ほどで移民としてフランスに入国し、仕事を得るためにフランス語の勉強中であることを証明してもらわなければならないのだ。テストで能力評価をするわけでもなく、授業を受けていれば良いらしい。「今は何か仕事をしているか?」と質問され、「小さな会社をやっています」と返事したら、「その歳で仕事をしているのは立派」と言われた。「しかし会社は赤字続き」と返事をしたが、この年代は何か仕事をしている、あるいは出来ているかどうかが常に気になる。同時にご主人との会話にも年代を感じた。私の顔を見て昔と同じだと印象を話してくれたが、「自分は耳が遠くなった」と最初に日本語で紹介した。会話は英語、フランス語と時たまの日本語でやりとりするので、言葉が通じないことに耳が遠いが加わると結構複雑なことになる。それでも長年の友人に久しぶりに会えたので楽しく会話した。時代は子供世代から孫世代に移りつつある。45年前にフランスから大阪で長女の出産を控えていた新婚の妻に電報を打ったときの話を紹介した。郵便局に出向き窓口で電文をアルファベットを並べて作成した。料金はワード数で計算されるので、なるべく日本語を連続させて経費節減した。現代は子供が外国人と結婚して外国で生活しているのが珍しくなくなった。スカイプで簡単にしかも無料で顔を見ながらお話しができる。人と人とのつながりが大きく進歩した、という時の流れと技術の展開を経験し、第二次世界大戦後に平和な世界が続いたことに感謝したい。