75歳の位置づけ

若い頃は人生の行き先を考えるとき、会社では5年から10年先輩の動向を参考にした。出世の先頭を切る先輩に憧れたものだ。40歳代後半から50歳代になり、会社でトップになることを考えるのは現実的ではないと知り、自分なりに次の職業を得る努力をした。それが私の場合には学会に論文を投稿して実績を積み重ね、大学から工学博士号を得ることだった。それなりに大変だったが、一応この作戦は成功し大学教授としてつとめることができた。大学を定年後、現在は小さな会社を経営している。自分に出来ることは通信とIT関連なので、その範疇でビジネスを作ることが出来ないかと暗中模索を続けている。75歳になった現在、テレビや新聞で報じられる有名人のご逝去年齢が、自分より若いことに戸惑いを感じる。最近は輪島が他界したと報じられた。力士は若い頃に体に大きな負担をかけるので短命なのかも知れない。本日の朝刊一面には仙谷由人氏が72歳で肺がんのため死去したと記されている。肺がんと聞けば政治家は我々の年代ではタバコの吸いすぎが多いから、有りそうなことだと思う。報道されるような有名人であればストレスも多かろうから若くして他界するかも知れない。他人事のように考えたかったが、同じ町内に住む何回か会話を交わしたことのある60歳代の男性が先日亡くなった。直前までお元気で、一月前にはジョギング準備で門前で準備体操をしていた私に声をかけてくれた。こうなると訃報を聞くことで否応なしに自分が天国に召される予定について考えざるを得なくなる。こればかりは自分のこととしてスケジュールを立てることができない。出来ることは一日も長く自立して生活し、子供に負担をかける期間をなるべく短くしたいと神様にお願いすることである。日頃から不信心の身勝手なお願いを神様は受け入れてくれるかどうか。人間は生まれるときと死ぬときは周囲の人のお世話にならざるを得ない。ケセラセラ・・・・。一日一日を大切にしなければ。