お金は貯めてから使おう

30年ほど前に会社から辞令をもらい職場を異動しました。新しい職場にいた係長は、家庭を持ちながら借金の返済に追われて首がまわらない状態でした。それでも当時としては贅沢な車を乗り回していました。その職場では上司が集まって、係長の借金返済について会社としてどのように指導するか相談していました。例え仕事ができる係長だとしても、お金の使い方に節操がなく会社に迷惑をかけ、本人の将来を台無しにしたのです。
別の経験もあります。ある社員が会社には内緒で消費者金融で借金し、だんだん返済が滞って、結局会社に不審な電話がしばしばかかってくるようになりました。友人を名乗った電話でしたが、周囲は借金の返済督促だと感じるようになったのです。上司はそのことに気づき、本人と話をして会社が一時的に立て替えて借金を返済しました。ところが、会社へ立替分を完済する前にまた消費者金融から借金し、結局会社に来なくなりました。借金の返済で努力した会社にも迷惑をかけたまま消えたのです。

お酒で死ぬことがないように

私が会社に入って3年目だったと思います。35年ほど前のことです。入社時の研修で3月間同じ合宿の部屋で寝泊りした友人が死にました。私は病院から棺が霊柩車で運ばれているときにお別れをしました。そのとき友人の両親が我々見送りにきた友達に深々と頭を下げていた光景を今でも覚えています。なぜ若者が突然他界したのか、友達に尋ねました。会社の懇親会からの帰り道に、電車のプラットフォームから落ちたと聞きました。やさしい誰にでも好かれる男でした。けれど、ちょっと不注意でした。ご両親は息子を許したでしょう。けれどご両親の挨拶を聞きながら、「なぜ死んだのだ!」と怒鳴りたい衝動にかられました。

はかせ(博士)の会 活動項目

「はかせ(博士)の会」では次のような活動項目を考えています。

「はかせ(博士)の会」のブログ開始の趣旨については上記のAboutを開いてみてください。

(1)会員(50歳以上)を募集します。

(2)会員資格は、専門知識、社会経験などで本を出版した経験をお持ちの方、大学以上で教育経験のある方、博士の学位をお持ちの方とします。

(3)入会希望者はコメント欄にその旨ご記入ください。お申込方法をお知らせします。新規会員の入会時には、既存会員による資格審査があります。会員の脱会は自由です。

(4)会員になられた方の専門知識、社会経験、出版物などについて、WEBサイトで紹介します。WEBサイトは順次作成し、本ブログからリンクを張ります。

(5)会員の専門知識や社会経験などについて、講演を希望する大学、専門学校、高等学校、会社などからの問い合わせを受け付けます。希望者はコメントとしてご記入ください。ご連絡方法をお知らせします。

(6)当面会員の会費は無料とします。活動費の一部に充当するため、本ブログおよびWEBサイトに広告を掲載します。

(5)はかせ(博士)の会が発展するようでしたら会則を定めます。当面事務局は青山学院大学理工学部水澤研究室が担当します。